「アコースティックギター」カテゴリーアーカイブ

アコギ好きな僕がマイギター、ビンテージギター、ギターテクニック、メンテナンスなど、アコギに関するあれこれをシェアしてます。
アコースティックギター好きな方必見です!!!

ASTURIAS D.EMPEROR

ライブでよく使ってるギターです。
九州は久留米市に工房を構える老舗のギター工房さんで作られたギターです。

ASTURIAS D.EMPEROR

ASTURIAS GUITAR  オフィシャルサイト

1962年設立のもともとはクラシックギターをつくるメーカーさんです。
このギターはもともと受注生産でしか作られないものらしいのですが、たまたまショップオーダーで出されてたのを購入しました。
トップがジャーマンスプルース、サイド・バックがハカランダ
まるで1968~1969年製のMartin D-45を再現したかのような
スペックです。
音もまさにD-45系の鈴鳴りで、ふくよかな鳴りが特徴。
とにかく凄い音なんです。
一度ライブで聴いていただきたい。
シャリーン、と鳴ったかと思うとお腹にボンっとくる低音。

ただね~・・・  欠点がひとつだけあったんです。
ネックが太いんですわwww
僕、太いネック苦手なんです。
で、どうしたかというと・・・

知り合いにたまたまそんな話をしたら、いいリペアーマン知ってるから紹介するよって言ってくれて、それが沖田ギター工房さんだったんですが、、、
僕の我がままをホント親切に聞いてくれて、細かい要望にも応えていただきネックリシェイプしていただきました。
今はメインギターとして僕のライブを支えてくれてます。

多分、ネックの太さはオーダー時に言えば好みの太さにできるんでしょうけどね・・・
いつか、好みのスペックでカスタムオーダーしてみたいな~・・・なんて思わせるくらいお気に入りのギターです。

ギターの材は全て自社でシーズニング、徹底した管理のもとで選定されて作られるらしい。

クラフトマンシップに乗っ取ったこだわりのギターです。

今後も多分、出回ることの少ない逸品でしょう。
手に入れられたことがラッキーだったと思います。

Martin D28 1970年製

僕が初めて手に入れたMartinは1979年製のD-28
ヤマハ渋谷道玄坂店(2010年に閉店したそうです)で購入。
もちろん、今はもう手元にはありません。
若気の至りで売却(^^;;

アコギのスタンダートとして君臨する本機
まずは、コレ。

1970年製 D-28
Martin D-28 1970

これまで使用されてきたハカランダ
(ブラジリアンローズウッド)が1969年ワシントン条約の影響で
使用できなくなって、その翌年の製造なわけですが
ピンポイントで1970年製のMartinギターは明らかにそれ以降のモノとは違う。僕はそう感じてます。
そもそもハカランダはギターに使われる材質の中では一番最適と言われてたわけですが、絶滅危惧種ということで輸出禁止となり
その価値は価格の高騰へとつながり一層手に入り難いモノに
なっていったわけです。

そんな訳でワシントン条約施行の翌年である1970年は
ハカランダが使えなくなって、恐らく職人さんたちの気合の入り方が違ったのではないかと容易に推測できるわけです。

実際、明らかに違いは分かります。
70年代MartinはD-18, D-28, D-35, D-41, D-45
どれも相当弾き比べましたね。
当然同じ型番だからといって必ずしも同じような音がするわけではありません。アコギは生物ですから、、、

あと、70年初期はネックがやや細身なんですよ。
それが僕には打ってつけで、手の小さい僕には
60年初期、70年初期のMartinのネックが丁度いいんです。
ライブ仕様にネックヒールにはストラップピン、
ピックアップはL.R Baggs Anthem SLを搭載してます。

ライブでは立って弾きながら唄うので、ストラップピンはネックヒール部に付けます。ストラップピンをこの位置に付けるのは僕のこだわりです。この位置が一番弾きやすいのです。
そしてピックアップもこれまで色々試しましたが、
やっぱりL.R Baggs Anthemが一番ですね。間違いないです。

弾き語りにはL.R Baggs Anthemです。
ギターのプレイスタイルによって
ピックアップはいろいろ変わってくると思いますが
「弾き語りには絶対L.R Baggs Anthemです。」
と、僕は思います。
ちなみに僕のギターは全部(ライブ用のギター3本)
どれもL.R Baggs Anthemです。
完全ライブ仕様にセッティングしてます。

このD-28はとても枯れたウッディーな音で、
腹にドスンとくるようなパンチの効いた鳴りをしてくれます。
見た目、音、、まさに「ザ・ビンテージ」です(^^)

 

Morris W-40 | Morrisを持てばスーパースターも夢じゃない?

 

1970年代、フォークブーム絶頂の頃、
日本はアコギ全盛時代でした。

誰もが憧れたMartin、Gibson、Guild、
かく言う僕も、憧れのミュージシャンが持つギターには
いつも釘付けでした。あ、今も・・・ですけどね、、(^^;

アコギも現在に至るまで、様々な変貌を遂げてますが
やっぱり当時を知る人間としては、
あの頃のギターに熱烈感情移入してしまう訳です。
新品ギターは正直苦手です。
ていうか、アコギは枯れた音が好きなんですね。
そうなると、どうしても高価な
ビンテージギターになっちゃうわけですが・・・

音楽を始めたばかりのあの頃
(中学一年で初めてギターを手にしました。)
は当然安いギターしか買えないわけでして
でも、当時は安いギターでも当たりハズレがあって、
3万円くらいのギターでも物凄くいい音のするギターは存在してました。そういう意味では面白い時代でしたね。

僕が生まれて初めて所有したギターは
”Morris W-40”という純国産。
当時のCMで「Morrisを持てばスーパースターも夢じゃない。」
かなり流行りましたね(アリスです 笑)

画像は他からの転用です、汗、、、
今はもう手元にはありませんので・・・

これです!!!  ↓

定価は4万円でした。

当然、当時ギターの材質に関する知識なんて何もなく、
ただカッコいいという理由だけでコレを買いました。
後で知ったのですが
このギタートップはスプルース単板、
バック&サイドは合板ながらハカランダだったのですわ。
(ビックリ!)
バックは3ピースで真ん中はメイプル、
ポジションマークはヘキサゴンインレイ、ヘッドは縦ロゴ、
バインディングはアバロン
この価格にしてこのスペックは秀逸だ、
70年代はこのような価格でもこんないいモノがあったわけです。

僕の音楽人生はこのギターと共に始まりました。