Morris W-40 | Morrisを持てばスーパースターも夢じゃない?

 

1970年代、フォークブーム絶頂の頃、
日本はアコギ全盛時代でした。

誰もが憧れたMartin、Gibson、Guild、
かく言う僕も、憧れのミュージシャンが持つギターには
いつも釘付けでした。あ、今も・・・ですけどね、、(^^;

アコギも現在に至るまで、様々な変貌を遂げてますが
やっぱり当時を知る人間としては、
あの頃のギターに熱烈感情移入してしまう訳です。
新品ギターは正直苦手です。
ていうか、アコギは枯れた音が好きなんですね。
そうなると、どうしても高価な
ビンテージギターになっちゃうわけですが・・・

音楽を始めたばかりのあの頃
(中学一年で初めてギターを手にしました。)
は当然安いギターしか買えないわけでして
でも、当時は安いギターでも当たりハズレがあって、
3万円くらいのギターでも物凄くいい音のするギターは存在してました。そういう意味では面白い時代でしたね。

僕が生まれて初めて所有したギターは
”Morris W-40”という純国産。
当時のCMで「Morrisを持てばスーパースターも夢じゃない。」
かなり流行りましたね(アリスです 笑)

画像は他からの転用です、汗、、、
今はもう手元にはありませんので・・・

これです!!!  ↓

定価は4万円でした。

当然、当時ギターの材質に関する知識なんて何もなく、
ただカッコいいという理由だけでコレを買いました。
後で知ったのですが
このギタートップはスプルース単板、
バック&サイドは合板ながらハカランダだったのですわ。
(ビックリ!)
バックは3ピースで真ん中はメイプル、
ポジションマークはヘキサゴンインレイ、ヘッドは縦ロゴ、
バインディングはアバロン
この価格にしてこのスペックは秀逸だ、
70年代はこのような価格でもこんないいモノがあったわけです。

僕の音楽人生はこのギターと共に始まりました。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です