喉頭マッサージ

昔から肩こりが酷かった僕は、ボイトレに通い始めたばかりの時、ボイトレの先生に「先ずは肩こり改善が先決だね。」と言われた。
肩こりはずっと昔からの悩みで今に始まったことではない、言われるまでもなくこれまで色々試していた。整体にも通った。
肩から首、そして僕の声帯周辺はカチコチだった。

ボイトレの先生の声帯周辺(喉仏から周辺)は素晴らしく柔らかく柔軟性に富んでいた。それに比べ自分はというと、、、
硬い・・・それに加え、喉頭が奥に入ってると言われた。
そんなんでよく今まで唄ってきたもんだ。
先生も「これでよく唄えますね。」って
そんくらい酷かった。

ジム通いを始めた。
理由はギックリ腰を発症して以来の悩みだった腰痛改善と肩こり改善のため。
身体のバランスが悪いから身体に色々支障をきたしてくるわけで、まずは筋肉を鍛えることで身体のバランスを取り戻すことができれば改善できるはず、そう思い通い始めた。
続けること半年、、、肩こりは随分軽減された。完全ではないが、整体に通ってた時よりは全然いい。
継続は力なり。一年以上続けてるけど、休みたいとは思わない。むしろ行かないと不安になる。

色々回り道してようやく光が見え始めた自分の声。
それでも調子いい時と悪い時、波がある。
ある日、思い出したことがひとつ。
そう、調子の波があるのは肩コリのせいなんだ。
最近、腰痛もなく、肩コリも随分緩和されてたから忘れたてたけど、微量ながらも肩コリが首や声帯周辺に悪い影響を及ぼす。
その日、その時の体調で調子の波が出てしまうのはコイツのせいなんだな。
しばらく忘れてた喉頭マッサージをしてみると(簡単なマッサージと準備運動なんだけど)見違えるくらい声が楽に出た。思い出して良かった・・・

以来、携帯に発声に関する重要事項(自分向けの)を箇条書きにしてメモをしてる。
いつでも見れるようにしてる。忘れないように。
1日何回も見るようにしてる。大事なことは何百回でも繰り返す。
身体で覚えたつもりでも、すぐ悪い癖が出るから何百回でも繰り返す。それが大事。

これが楽しいと思えるか、苦痛と思うか・・・

取り敢えず僕は楽しんでる。
声が解放された瞬間ほど気持ちいいものはないから。
幸せを感じる。