yukinojoutaka3 のすべての投稿

ASTURIAS D.EMPEROR

ライブでよく使ってるギターです。
九州は久留米市に工房を構える老舗のギター工房さんで作られたギターです。

ASTURIAS D.EMPEROR

ASTURIAS GUITAR  オフィシャルサイト

1962年設立のもともとはクラシックギターをつくるメーカーさんです。
このギターはもともと受注生産でしか作られないものらしいのですが、たまたまショップオーダーで出されてたのを購入しました。
トップがジャーマンスプルース、サイド・バックがハカランダ
まるで1968~1969年製のMartin D-45を再現したかのような
スペックです。
音もまさにD-45系の鈴鳴りで、ふくよかな鳴りが特徴。
とにかく凄い音なんです。
一度ライブで聴いていただきたい。
シャリーン、と鳴ったかと思うとお腹にボンっとくる低音。

ただね~・・・  欠点がひとつだけあったんです。
ネックが太いんですわwww
僕、太いネック苦手なんです。
で、どうしたかというと・・・

知り合いにたまたまそんな話をしたら、いいリペアーマン知ってるから紹介するよって言ってくれて、それが沖田ギター工房さんだったんですが、、、
僕の我がままをホント親切に聞いてくれて、細かい要望にも応えていただきネックリシェイプしていただきました。
今はメインギターとして僕のライブを支えてくれてます。

多分、ネックの太さはオーダー時に言えば好みの太さにできるんでしょうけどね・・・
いつか、好みのスペックでカスタムオーダーしてみたいな~・・・なんて思わせるくらいお気に入りのギターです。

ギターの材は全て自社でシーズニング、徹底した管理のもとで選定されて作られるらしい。

クラフトマンシップに乗っ取ったこだわりのギターです。

今後も多分、出回ることの少ない逸品でしょう。
手に入れられたことがラッキーだったと思います。

今日 / 再結成アルバム CD

解散から3年、ベストアルバム「フォーエバー」はずっとチャートに入り続け、またそれぞれに活躍するなかファンの熱い期待に応えての再結成でした。

かぐや姫 今日
1. 遙かなる想い
2. わかれ道
3. 赤い花束
4. 麦ふみ
5. 春の陽だまりの中で
6. センセーショナルバンド
7. きらいなはずだった冬に
8. 幸福のメニュー
9. 笑いしゃんせ 泣きしゃんせ
10. おはようおやすみ日曜日
11. 湘南 夏
12. おまえが大きくなった時

1978年4月25日

↓紙ジャケットはまるでLP盤(レコード)のミニチュアです。
今日 紙ジャケット1今日 紙ジャケット2↑画像クリックで拡大できますよ。LP盤を忠実に再現してます。

「かぐや姫・今日(Today)」が発売され
その年5月3日、札幌真駒内アイスアリーナを皮切りに体育館・アリーナツアー「かぐや姫・今日」を全国10会場で開催。
当時完成したばかりの横浜スタジアム(1978/5/1)で、
日本人で初めてかぐや姫がコンサートを開催、
ツアー最終日(1978/5/13)は日本武道館で行われ、
日本中を熱狂させた。

そして、この「かぐや姫・今日」ツアーを中心に収録された映像ドキュメント・フィルム「かぐや姫」は全国各地で上映された。
僕の地元長岡にもやってきましたよ。^^
当時中学生だった僕は仲間と見に行きました。大興奮でしたね。
そのフィルムがなんとDVD化されてました。泣

 

かぐや姫 ドキュメント・フィルム「かぐや姫」1978復刻版

かぐや姫 DVD

1. けれど生きている
2. 遥かなる想い(1978/5/13横浜スタジアム)
3. 眼をとじて(1978/5/13横浜スタジアム)
4. きらいなはずだった冬に(1978/5/13横浜スタジアム)
5. 22才の別れ(1978/5/13横浜スタジアム)
インタビュー1 南こうせつ
イ ンタビュー2 伊勢正三
6. 妹
インタビュー3 山田パンダ
7. 人生は流行ステップ(1975/8/2コンサートインつま恋)
インタビュー4 南こうせつ
8. 神田川(1975/4/12神田共立講堂)
9. 好きだった人(1978/5/13横浜スタジアム)
10. うちのお父さん(1978/5/13横浜スタジアム)
11. 黄色い船(1978/5/13横浜スタジアム)
12. 置手紙(1978/5/13横浜スタジアム)
13. 神田川(1978/5/13横浜スタジアム)
インタビュー5 南こうせつ
14. 朝が来るまで/南こうせつ(1976/3/29日本武道館)
インタビュー6 風(伊勢正三、大久保一久)
15. 海風/風(1977/12/6日本武道館)
16. 明るい雨/パンダフルハウス
インタビュー7 かぐや姫
17. 私の詩/南こうせつ(1977/12/24渋谷公会堂)
18. 僕の胸でおやすみ(1977/12/24渋谷公会堂)
かぐや姫Todayドキュメント
19. 遥かなる想い(1978/5/13横浜スタジアム)
20. センセーショナルバンド(1978/5/13横浜スタジアム)
21. 湘南 夏(1978/5/13横浜スタジアム)
22. おはようおやすみ日曜日(1978/5/13横浜スタジアム)
23. 妹(1978/5/13横浜スタジアム)
24. あの人の手紙(1978/5/13横浜スタジアム)
25. 遥かなる想い(1978/5/13横浜スタジアム)
26. おまえが大きくなった時

これ見るとホント泣けますわ~

 ドキュメント・フィルム「かぐや姫」1 ドキュメント・フィルム「かぐや姫」2

かぐや姫フォーエバー / ベストアルバム

かぐや姫解散 フォーエバー 永遠なれ!
あっという間にフォーク全盛時代を駆け抜けた3人
解散後、それぞれの道でそれぞれにまた活躍の場を移すわけだが
これだけの秀作を創り上げた3人であるからそれはもう当然のこと
かぐや姫の集大成アルバムである。

オリコンLPチャートのトップ100に186週ランクインを記録した。
一家に一枚と言われるくらいの人気。
他のアルバムは持ってないけど「フォーエバー」は持ってるという人はたくさんいたくらい。

かぐや姫 フォーエバー

ディスク:1

1. この秋に
2. 君がよければ
3. ひとりきり
4. ペテン師
5. 赤ちょうちん
6. あの日のこと
7. マキシーのために
8. あてもないけど
9. うちのお父さん
10. 眼をとじて
11. 加茂の流れ
12. けれど生きている
13. 僕の胸でおやすみ

ディスク:2

1. 神田川
2. 雪が降る日に
3. おもかげ色の空
4. こもれ陽
5. 今はちがう季節
6. 突然さよなら
7. 22才の別れ
8. あの人の手紙
9. アビーロードの街
10. なごり雪
11. 黄色い船
12. 妹
13. 好きだった人

1975年3月5日

↓ボックスアルバム(レコード)のミニチュアのようです。
フォーエバー ボックスアルバム1 フォーエバー ボックスアルバム2↑画像クリックで拡大できますよ。ボックスアルバムを忠実に再現してます。

このアルバム発売1ヶ月後、東京神田共立講堂で行われた解散コンサートを最後に解散。南こうせつと山田パンダはソロ、伊勢正三は風として活動する。

かぐや姫LIVE / 5枚目のアルバム CD

ライブ盤こそが彼らの真骨頂!!!
楽しいステージの雰囲気がビンビン伝わってきます。
このジャケット写真カッコいいっす!!!

かぐや姫 LIVE

レコードが擦り切れそうになるくらい
(実際擦り切れるこはないのですが・・・笑)聴きまくった。
ギターを弾き、何度も何度も耳コピをしてたのを思い出します。
コピーする時はカセットテープに音源をダビングして巻き戻し、巻き戻ししながら何度も何度も繰り返し合わせてたもんです。
ライブこそ本人たちの弾き方そのものなんで、
必死で真似てましたね~~~^^
この頃のギターは正やんはMartin D-28、こうせつはGuild D-50
だったんですね。こうせつは最近でもD-50を使ってるけど
この当時のをそのまま使ってるのかな?だとしたら凄~い!

1. うちのお父さん
2. 僕の胸でおやすみ
3. ペテン師
4. 加茂の流れに
5. 君がよければ
6. カリブの花
7. 22才の別れ
8. 妹~海
9. 星降る夜
10. 置手紙
11. 眼をとじて
12. あの人の手紙
13. 神田川

1974年9月15日

↓紙ジャケットはまるでLP盤(レコード)のミニチュアです。LIVE 紙ジャケット1 LIVE 紙ジャケット2↑画像クリックで拡大できますよ。LP盤を忠実に再現してます。

「赤ちょうちん」「神田川」「妹」
は三部作として映画化された。
作詞家喜多条忠氏と南こうせつとのタッグで創られた
いわゆる”四畳半フォーク”というこの頃の日本の若者文化の象徴的な世界がそこにはあった。

”四畳半” ”同棲” ”学生運動”
これらはフォークの代名詞となった。
しかし最初は純粋な気持ちだったものが徐々に
商業ペースに乗せられ、
そしてそんな自分たちの姿に苦悩することになるわけだ。

かぐや姫 大ヒットが故に皮肉な解散への道となった。

このアルバムは事実上のラストアルバムとなり、
半年後彼らは解散した。

71年~75年のホント短い期間の活動だったわけです。

悲しい・・・泣

 

三階建の詩 / 4枚目のアルバム CD

「さあど」大ヒットからわずか8ケ月。
かぐや姫のアルバム発売ペースはとにかく早い。
当時のレコード業界の風潮というのは”売れ線”はとにかくバンバンと早いペースで出すという流れがあったようだ。
とにかく早いペースで曲作りを迫られ、
「神田川」の大ヒットによりかぐや姫が大ブレイクし、
こうせつが「メンバー全員に平等に印税が入るよう」平等な曲作りを提案し、伊勢正三、山田パンダの二人にも曲作りのノルマを課したという。そして出来たのがこの「三階建の詩」。

かぐや姫 三階建の詩

 

何ともにくいタイトルのアルバムである。
三人三様の個性が浮き彫りになった名盤である。

特に正やんの才能はここで一気に開花したのである。
だって、後に大ヒットする原曲が2曲も入ってるんですよ。
日本のスタンダートとなった名曲「なごり雪」そして
「22才の別れ」もともとはかぐや姫の曲だったことを知らない人
案外多いんですよね~・・・

なごり雪=イルカ 22才の別れ=風(どちらも正やんですけど)

後にこうせつは語ってます。
正やんが「22才の別れ」を持ってきた時に、これでかぐや姫のリーダーは正やんに変わるかもしれないと・・・
それだけインパクトあったんでしょうね。

「神田川」に次ぐ名曲「赤ちょうちん」
この時代を象徴する曲のひとつである。
石川鷹彦大先生の弾くあの特徴的なスリーフィンガーとスライド奏法から織りなすあの物悲しい世界観はず~っと後世にまで残る
素晴らしいアンサンブルだと思います。

1. 人生は流行ステップ
2. 22才の別れ
3. あの日のこと
4. 南風知らん顔
5. 君がよければ
6. 赤ちょうちん
7. 雨に消えたほゝえみ
8. うちのお父さん
9. なごり雪
10. おまえのサンダル
11. この季節が変われば
12. こもれ陽

1974年3月5日リリース

↓紙ジャケットはまるでLP盤(レコード)のミニチュアです。三階建の詩 紙ジャケット1 三階建の詩 紙ジャケット2 ↑画像クリックで拡大できますよ。LP盤を忠実に再現してます。

さあど / サードアルバム CD

オリコンチャート初1位
かぐや姫を名実ともにトップアーティストへと押し上げた
ビッグヒットアルバム!!!

かぐや姫 / サードアルバム

南こうせつさんは「おいちゃん」と親しまれていて
オールナイトニッポンというラジオの深夜放送で
パーソナリティーを務めてました。
当時を知る人は懐かしくて涙が出るんでは・・・?
オールナイトニッポンは長い間若者文化の象徴として
誰もが深夜の眠い時間を机や布団の中で聞いてたもんです。
あ、現在もまだ続いてますけど・・・
当時は物凄い人気番組だったもんで、、、
今みたいにスマフォやパソコンなんてなかった時代ですから
テレビ、ラジオが話題の主流だったんです。

月曜~土曜まで日替わりでパーソナリティーが入れ替わり
2部構成でその時代の人気モノがパーソナリティーを務めるのが
多くの流れ(今もそのようですね)でしたから。

そして、この「さあど」が発売され、ファーストシングルは
「僕の胸でおやすみ」だったんですけど
そんな中ラジオ番組でリクエストが殺到したのは
なんと「神田川」だったのです。
当初シングルリリースされる予定はなかったらしいんですが
物凄いリクエストに後押しされシングルカットされることになったわけです。そして・・・
160万枚という驚異のビッグヒットとなったわけですね。

かぐや姫を代表するスーパーアルバムの誕生です。

「神田川」を筆頭に「けれど生きている」「僕の胸でおやすみ」
大好きな曲でよく唄ってます。

1. ポカポカ日曜日
2. アビーロードの街
3. けれど生きている
4. あてもないけど
5. 黄色い船
6. そんな人ちがい
7. 神田川
8. 遠い街
9. 突然さよなら
10. 大きな片想い
11. 僕の胸でおやすみ

1973年7月20日リリース

↓紙ジャケットはまるでLP盤(レコード)のミニチュアです。
さあど 紙ジャケット1 さあど 紙ジャケット2↑画像クリックで拡大できますよ。LP盤を忠実に再現してます。